【15,978戸】

【15,978戸】
東海大家の会加藤です。
15,978戸
この数何を示してるかわかりますか?昨年名古屋市で着工された新築の貸家の戸数です。
そして昨年の名古屋市の人口の増減は6,236人、つまり供給数が実需を遥かに上回ってます。
これがここ数年続いてます。
大家業はもはや建てたら安泰、左うちわではありません。
不動産賃貸業と認識をして家賃に見合ったサービス、それ以上の付加価値を与えるホテルに近いサービス業だと自分自身は思ってます。
コンビニに例えるとすぐ隣に他ブランドの新しいコンビニが立つような市場で我々大家は戦ってるのです。新しいものは陳腐化していきます、これは自然の常です、なのでその中でも差別化できるものをご自身の物件に与える事が今後大家業に必要となって来ます。
着工数や人口増減はすぐデータで見ることが出来ますのでご自身が持ってるエリアを一度数字で読み解き再認識するところから始めてみましょう。
ではでは

http://www.city.nagoya.jp/somu/page/0000112497.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA