「瑕疵担保責任から契約不適合責任へ」

「瑕疵担保責任から契約不適合責任へ」
久しぶりの民法改正が2020年4月に行われる、我々不動産オーナーにとっても穏やかではない変更点である。
内容は一部詳細記事を抜粋させていただくが、詳しくは売主側のリスクが大きくなる、つまり売買時の指値や交渉される可能性が大きくなる。
今後のトレンド、対策としては売る物件をインスペクション(住宅診断)しさらには瑕疵担保保険に加入した状態でマーケットで売らないと売却リスクが伴うとい内容である。
ますますの買い手市場。
当会としてもインスペクション+瑕疵担保保険の加入の第一人者「家守りホールディングス」との業務提携を目指して現在調整中。
今後新たな正しい不動産取引の市場を作るべくまずは東海から発信していきたい。

https://www.homes.co.jp/cont/press/opinion/opinion_00208/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA