「不動産オーナーで社会貢献」

おはようございます。東海大家の会加藤です。

本日は石垣島に向かっております。
先週末は大家の会で名古屋市港区に建設しました、障がい者グループホームの完成見学会でした。
勉強熱心な会員様が来られて事業者目線で収益性や将来性を皆で話合いました。
障が者グループホームと一言で言っても、地域包括型、就労支援 A,B、日中支援型、生活介護などなどいろんな形態があります。
そして我々不動産オーナーはただ建てて貸すだけではなく事業者目線でどのような組み合わせや、どの形態が事業として収益性将来性が高いかを判断しなければいけませんし、その事業者の決算書も読み取れないといけません。
不動産業を通して地域貢献、社会貢献ができる障がい者GHへの投資、まだまだマーケットとして導入期であること、許可制なので総量規制がきっと入る事、金融機関が前向きな事、様々な角度からメリットが考えられます。
来月24日の大家の会では引き続き障がい者GHへの投資について勉強会を開催予定です、まだ参加可能ですので興味がある方は是非。
ではでは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA