消防設備点検

こんにちは!

「もしもしー港消防署です〜」

東海大家の会の加藤です、昨日私の電話に消防署から入電がありました、加藤様所有物件(テナントビル)に査察で入りたいのですが〜 …..

ん??、、、

そういえば消防設備点検の報告をするのを忘れてました。

建物を管理する上で消防設備点検は必要になり法令で義務付けられています。
とくに不特定多数が出入りするテナントビルは厳しくルールが決められております。
アパートの場合は半年に一回点検、さらに、3年に一回は市町村へ報告義務がございます。

消防署の調査が入ったり何か有事の際に点検、報告がきちんと行われてなかったことが発覚すると30万以下の罰金、もしくは勾留されてしまうのでこの消防設備点検はきちんと行いましょう。

特定防火対象物・・・物品販売店舗、ホテル、病院、飲食店、など不特定多数が出入りする建物は1年に1回報告義務

非特定防火対象物・・・工場、事務所、倉庫、共同住宅、学校、駐車場などは3年に1回の報告義務となります。
いろいろと会員さんから物件調査の依頼等ありますが、殆どの物件が防火点検してないかと思います、消化器切れてたり、非常灯切れてたり、何かあってからでは遅いのです。

そういった場合も東海大家の会にご依頼いただければ強力なパートナーをご紹介させてもらいますので、ぜひご用命下さい。
ではでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA