【資本的支出か?修繕費か?】

東海大家の会加藤です。
今は移動してシンガポールに滞在しております。

本日はリフォームにおいて税金の考え方として。

【資本的支出か?修繕費か?】
我々大家さんは年間何回かリフォームの対応を求められます、その際支払うリフォーム代ですが内容によっては全てを経費にはできません。
タイトルの通り修繕費(元に戻す工事に関しては概ね20万以内なら全てがその年の経費となります。※3年以内の周期でも全額経費となります。
逆に今まであったものをアップグレードさせるようなリフォームに関しては資本的支出で固定資産となり減価償却での計上となります。

なので、銀行を利用してくフェーズにある大家は資本的支出にしてあまり圧縮しないようにするのも1つです。
節税目的で銀行なんか関係ないよっ!て方はリフォーム代を修繕費で、つまり40万の代金なら20万20万で請求分ければいい全額その年の経費にできますね。

余談ですが海外口座の作成がどんどん厳しくなってきてます。マネーフライトの出口を本格的な閉じようと国も本気になってきてます。
シンガポールではビザがないと個人口座の開設はほぼ不可能になりました、現地の駐在員でもビザ申請が困難な状況です。

今後円安に向かうのを予想してる方は今のうちから外貨資産を稼ぐための準備をしましょう。
ドル、円、どちらかに偏るのではなく50:50のシーソーの真ん中に立ち強い方の通貨を使うのが一番のポジションです。

東海大家の会のメンバーはマイル貯めてどんどん海外に進出しいきましょう。
ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA