「不動産経営の分散」

大家業は多角化経営でリスク分散すべき?
おはようございます、東海大家の会の加藤です、昨日はある物件の再生案件を仲間と一緒に見学してきました。
不動産はレジデンスだけではなく、テナントビル、駐車場、戸建、シェアオフィス、民泊、屋上アンテナ、自販機、などなどいろんなパターンがありますが、我々は高齢者向けの賃貸や、保育、障害者グループホームなど様々な対象を選択し分散多角化経営して行くことが令和時代の不動産経営だと考えております。
今後も会員様に向けて良い情報をお届けできるよう動いてまいりますね^_^
ではでは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA