「人生100年時代」

こんにちは、東海大家の会の加藤です。
先日、世界のトヨタが終身雇用は守れないとの発言をし今の時代を物語る出来事でした。
そして、5/22金融庁が人生100年時代に向けて国民の老後の時間に関する指針を発表してます。
終身雇用の終焉、年金制度の破綻、老後をどう自力で乗り越えていくチカラを身につけるかが重要になってきます。
当会は老後を豊かに過ごせれるプランを不動産を通して皆で考え、チームとして乗り越えられる仲間づくりをしています。どうやって生み出して、生み出したものをまた回転させる、海外も利用しながら全体を通してプランを作って行く。
蓄えがない場合は確実に赤字です、生活すらままないです、特に社会保険に加入してない世帯、個人事業主で年金に加入してる世帯は危ないです。危機感を今から持つべきだと思います。
社会保険加入者ですら、毎月5万の持ち出しと試算が出ていました、定年後30年間人生があるとした、2000万/1人は必要です。
どう貯めていくのか、生み出していくのか、一緒に考えていきましょう。
ではでは
https://diamond.jp/articles/amp/202493?display=b

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA